ドラマ感想の館

ドラマの感想やあらすじをまとめて、ドラマを観る人の面白さを倍増させるために努めるサイト。

【 あなたには帰る家がある 】7話感想、視聴率!8話あらすじ、予習。再び秀明と綾子が二人きりに・・・!

f:id:mtrue:20180322220515p:plain
出典:金曜ドラマ 『あなたには帰る家がある』|TBSテレビ

綾子がモンスター化している場面を演じている木村多江さんがとても話題になっていますね‼️‼️‼️

恐ろしさと圧が半端ない

これは演技であっても、あれだけのゾクゾク感を出すことはそうそうできないでしょう💦💦💦という私の意見もあり。

さて今回は再び秀明と綾子が合うことになります。

秀明は真弓から離婚を迫られている状態・・・一体秀明は理性を保つことができるのでしょうか・・・心配😭‼️💦💦💦

ままとレイナをその手に取り戻せ😭😭😭(必死)‼️‼️‼️‼️‼️

それでは、

気になる7話感想・視聴率と、8話あらすじ予習にいってみたいと思います。
(よろしくおねがいします😃)

スポンサーリンク


目次

7話感想、視聴率

まず、あなたには帰る家がある6話の視聴率%でした。

離婚か・・・それはそうですよね・・・

真弓の気持ちは痛いほどわかります(経験したわけではないですよ😑

一度夫に裏切られるとなかなか気持ちは戻ってきません。

当たり前の決断だと私は思いましたね。

やっと家族のありがたみに気がついた秀明からすると辛い選択だね・・・

というか決定権は真弓にほぼあるとは思うけど・・・

茄子田家も相当荒れていますね💦💦💦

綾子をホテルから呼び戻した太郎は、家から綾子が逃げ出さないように監視💦これもなんか違う気がしますね。

夫婦のあり方というか、こうなると綾子も奴隷状態ですもんね。

ずっとこんな感じでやってきたのかと思うと、今まさに夫婦の関係から溜まっていた膿が出てきている状態でしょうね。

綾子は姿を消して秀明の元へ・・・てかなんで居場所を知っているわけ😅💦

ここまでくるとほぼストーカー‼️

警察に行って接近禁止令でももらったらいいのに。

そこまで大ごとにできないのはやっぱり秀明にも非があるからでしょうね。

一度犯して燃え上がってしまった綾子との不倫関係。

苦しい生活に嫌気がさしていた綾子からすると夢のような時間だったのでしょうね。

それが急に、秀明の家族にバレたからと言ってはい終了、とはなかなか気持ち追いつかなかったのでしょう・・・(ん?私はどちらの味方?笑)

一番心配なのはレイナだね😢

レイナちゃん大事な時に、しかも思春期とか反抗期とかの年齢では?

そんな時の両親の亀裂・・・そして父の不倫。

中学生にしてとんでもない大人の修羅場を見せられて本当にかわいそう💦💦💦

ここでちょっと、れいなのことを心配している皆様に癒しを・・・

実際にれいなちゃん役を演じている桜田ひよりちゃん😍❤️❤️❤️

元気に撮影されているようで✨

ひよりちゃんを初めて知ったのは、ドラマ「明日、ママがいない」でピアミを演じていた時でした💕

すらっとしていて顔がちっちゃくて上品で可愛かったのを覚えています☺️💕


スポンサーリンク



8話あらすじ・予習

youtu.be

真弓は秀明との結婚生活に別れを告げ、麗奈との2人暮らしが始まりました。

でも、麗奈から突然「学校を辞めたい」と言われ困惑する真弓。

麗奈の真意を掴めず、秀明に相談しようかと一瞬迷う。

でも離婚したことが引っかかり、真弓は秀明に頼らず一人で解決しようと決意します。

一方で仕事で太郎に会った真弓。

思わず娘のことを話してしまいます。

しかしそんな中でも上から目線の太郎の態度に腹を立て、綾子がそのうち帰ってくると信じる太郎に「そうやってたかをくくっているうちは、帰ってこないと思いますよ」と言い放ってしまいます。

一方秀明は、アパートに押しかけてきた綾子を断りきれず、相変わらずの優柔不断ぶり。

ちなみに綾子はというと、秀明を支えたいとハローワークで働き口を探し始めていました。

「離婚して実家には戻れないが、結婚が決まっている」と説明し、ついに食堂での働き口を見つけ働き始めたのです。

綾子が自立しつつあることに焦った太郎は、「過去から逃れられると思うなよ!」と綾子を脅しにかかります。

そして麗奈はというと、陸上県予選に出場。

応援に来た真弓と弥生、そして秀明。

ところが麗奈は目前で逃げてしまいます。

ようやくみつけた麗奈の口から出たのは、「もう頑張れない」だった。

麗奈の悩みの元凶が自分であることを知った秀明は、真弓とは違う形で麗奈に向き合おうとするのですが、レイナは秀明を受け入れることができるのでしょうか・・・

(参考:あらすじ|金曜ドラマ『あなたには帰る家がある』

<おすすめ記事はこちら>
www.dramatome.site
www.dramatome.site

スポンサーリンク


よろしければシェアお願いします^^