ドラマ感想の館

ドラマの感想やあらすじをまとめて、ドラマを観る人の面白さを倍増させるために努めるサイト。

【 未解決の女 】第1話のあらすじと感想、視聴率!2話のあらすじ予告。オフショットが最高!

未解決の女、初回放送視聴率14.7%と好発進に終わりました。

第2話もとても楽しみです😆✨

波瑠さん鈴木京香さんのダック‼️

全く性格の違う二人のダックに今後どんな展開が待ち受けているのでしょう✨

もう美女+美女でしょ😭、見ていて目の保養になります(女の私でも・・・ハイ)❤️❤️❤️

f:id:mtrue:20180322143832p:plain
出典:木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』|テレビ朝日

スポンサーリンク


目次

1話感想、視聴率!

1話告知動画はこんな感じでした✨

特命操作対策室に移動してきた朋(波瑠)は、

文書解読のエキスパートと呼ばれる刑事・理沙(鈴木京香)らと共に、

新部署で働き始めることになりました。

理沙は、連続変死事件の被害者が残した遺書から犯人像を解析します。

波瑠さんが移動してきたのは、

薄暗い地下にある窓際部署・・・

透明操作対策室第6係

未解決事件の文書操作を担当する文書解読担でした。

そこにいたのは、

無愛想だけど天才的な文書解読能力を持つ先輩の鈴木京香さん演じる鳴海理沙

今回二人が担当したのは、連続変死殺人事件

その遺書を読んだ鳴海理沙は、すぐ犯人像を解析するのですが、そう簡単にうまくいきません。

そんな中ある情報が。

被害者女性2人の部屋に10年前のに付けがされたミステリー作家・嶋野のサイン入り著書があったというのです。

実は泉水は10年前に密室状態で殺害されていました。

操作は打ち切りになっていたのですが、

ここで二人のダックがとてもいい仕事してくれたのです😭‼️‼️‼️

鈴木京香さんの文字フェチぶりがもう変態の域🤣‼️

波瑠さんが「変態の域ですね」と鈴木京香さんにいうところがとてつもなく面白い。

というか、この二人のダックが最高でした😭‼️‼️‼️

鈴木京香の「いけない・・・文字の神様が降りてきたわ・・・」が最高😍‼️

波瑠さん演じる朋にイヤホンをつけさせ、

自分が言ったことをそのまま復唱しろと命令し、

波瑠さんが復唱。

しかし、その合間合間に波瑠さんが鈴木京香さんに対し「変態ですなこりゃ」とか、いちいち挟んでくるところがもう最高に笑えて(笑)🤣‼️

いいコンビだな〜って思いました💕

犯人も無事に捕まったし、

とにかく、知らなかった文字の謎や文字の性格、

文字が意味する深いことや、

こんな文字を書く人はこんなタイプだ・・・

とか、意外と色々勉強になりましたよ🤔✨✨✨

スポンサーリンク



鈴木京香さんと波瑠さんの初ダック・オフショットが最高!

共演者の方たちのチームワークがいい雰囲気だということがTwitterなどでも伝わってきます😍

このオフショットの皆さんの笑顔が最高‼️

公式ブログできたんですね✨

そしてこちらも・・・‼️😍‼️

工藤さん演じる岡部守刑事のオフショットですね😍❤️❤️❤️

工藤さん初めてのSNOWだって〜

貴重な画像ですね。ありがたや〜🙇‍♀️

今回のドラマでは、鈴木京香さんと波瑠さんが初ダックを組むということで注目が集まっています。

鈴木京香さんは頭脳は文字フェチ刑事役、

そして波瑠さんは、熱血バカ刑事役だそうですwww

頭脳は刑事役は鈴木京香さんのイメージに合いますが、

波瑠さんのクールなイメージが覆されて、熱血バカ😳⁉️⁉️⁉️

波瑠さん、どんな演技を見せてくれるのかなぁ!という部分も個人的には楽しみにしているところでございます😆

スポンサーリンク




第2話はどうなる?あらすじまとめ

さてさて、気になる未解決の女2話の告知動画がこちらです😆

youtu.be

2話での事件は連れ去り事件です😱

大手IT企業の社長令嬢が連れ去られます。

しかも身代金は1億円・・・

体制を強化した捜査本部は、6系からは朋(波瑠)を選出します。

誘拐されたのはまだ中学生の倖田遥花ちゃん。

犯人は電話で遥花と父を対話させた。

電話の向こうで遥花はかもめとメッセージを残す。

そのメッセージに目をつけたのが文字のエキスパートと呼ばれる鳴海(鈴木京香さん)。

一方で朋は身代金の受け渡し役に指名されます。

しかし、犯人に本物の秘書ではないと見抜かれてしまいます。

身代金は取られ

しかも人質は帰ってこないという最悪の結果となってしまいます・・・

参考:第2話|ストーリー|木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』|テレビ朝日

2話は鈴木京香さんと波瑠さんのどんなチームワークが見られるのでしょうか!

楽しみですネ😍

未解決の女、詳しい情報はこちらでも公開しています^^
www.dramatome.site

スポンサーリンク


よろしければシェアお願いします^^