ドラマ感想の館

ドラマの感想やあらすじをまとめて、ドラマを観る人の面白さを倍増させるために努めるサイト。時々、主婦の副業情報。

【 やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる 】1話のあらすじと感想、視聴率!2話のあらすじ予習。教師の体罰『手を出した=体罰ではない』

f:id:mtrue:20180424111041p:plain
出典:やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁) | NHK 土曜ドラマ

始まりました😍‼️

正直、これまで私、NHKの土曜ドラマは見たことがなかったのですが、

今回神木隆之介くんが出るということで見始めた次第であります🤔✨

期待できるのが、今回神木くん演じるスクールロイヤー(弁護士を学校に派遣する制度)弁護士が繰り広げる、

痛快学園リーガルエンターテイメント‼️

今回は初回(1話)あらすじと感想、そして視聴率、

2話のあらすじ予習を一気にまとめたいと思います。
(よろしくおねがいします😃)

スポンサーリンク


目次

1話あらすじ感想、視聴率

やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる1話の視聴率は6.2%でした‼️

第一話は、新人教師に対する生徒のいじめ

体罰を理由として生徒が親に言いつけ、親が学校に乗り込んでくるんですね。

可愛い女子生徒なのに、なんだか役だけですごい憎たらしくなりますね😅💦💦💦

先生にバケツで水をかけたり、

お弁当を頭の上からこぼしたり、

ひどいものでしたね。

実際この行動がある学校があるのであれば本当に問題でしょうが。

それを今回気持ちよく切り捨てたのが神木隆之介さま😍‼️

どんな痛快な弁を語ったのかは次の項目でまとめますね。

しかしあの母親も態度が気に入りませんね・・・

いつまでもシラを切るというか、いつまでも挑発的💦💦💦OMG

スポンサーリンク



手を出した=体罰ではない

今回、そのモンペアに神木隆之介くんが言い放った言葉がこれですね‼️‼️‼️

手を出した=体罰ではない

体罰かどうか、それは有形力の行使、つまり目に見える物理的な力の行使に至った目的・態様・継続時間そして教育的指導の範囲を逸脱するかどうかで判断されるそうです。

今回のケースは、

教師の生徒へ対する正当な教育指導(指導行為)であって、体罰ではないと判断したのですね。

携帯で撮ってあった写真で判断した神木くん。

先生が泥水をかけられてずぶ濡れだったこと、

他の生徒のお弁当を頭から被せられたことがしっかりと写真に写っていました。

これは、先生が手を出せないことをいいことに、

先生に対する挑発的な行動だと証明したのです。

教師を脅すのに、持ち込み禁止のスマホまで持っていたという証拠もある。

先生もこっそり退職願を書いていました。

いつ退職してもいいように全力でその女子生徒と向き合った証拠です。

スポンサーリンク



2話あらすじ

2話では、

教師の過酷は勤務実態に、スクールロイヤー神木くんが切り込みます‼️‼️‼️

「完全なブラックな職場ですよ」と神木くん。

青葉第一中学の職員室に新たなクレームの電話が・・・

近隣の住民が、

中学校の吹奏楽部の練習音がうるさいと。

そのせいで体調を崩したと主張してきたのです・・・。(わーこりゃまためんどくさ)

騒音被害で訴えるとまで言い出した住民。

校長先生から呼ばれその件に対処する神木くん。

しかし、そこで神木くんが目にしたのは、教師たちのブラックな労働の実態でした。

さて、次回の放送も楽しみになってきました〜💕💕💕

皆さんはこの4月からのドラマ、誰推しですか😍⁉️

<おすすめ記事はこちら>
www.dramatome.site

スポンサーリンク


よろしければシェアお願いします^^